FC2ブログ

恋愛したい 22


予約投稿にしたつもりが下書きに
なってましたorz












付き合うぞ。と言われて

はい、そうですか……と行く相手じゃない


つくしは横で眠る司を見た


「どうしよ」

一線を越えてしまった。

心のどこかで、こうなりたい。と思う気持ちと
部下と上司の立場を崩したくないという
2つの思いがあった。


「何考えてる?」

「今後の事を……」

突然、目を開けた司に聞かれて
本当の事を言ってしまった


「もう考えるな」

「そんな無茶な……アタシ来月から
婚カツ始めなきゃなんないのに」

付き合う=結婚
ではない事くらいつくしだって解っている


「だからそれ、意味ねえって言ったろうが」

「え?」

「逃がすわけねぇだろ」


真っ直ぐ見つめられて
つくしはあぁ……だから嫌だったんだ
と思う


この目に見つめられて、好きになってしまうと
あの大勢の女性たちと同じように
自分もこの目の前の男の事しか考えられなく
なってしまうから





「お前何か失礼な事考えてるだろ?」

「……考えてないです」

司はジーっとつくしを見る

「その疑いの眼差しやめてくださいよ!」

「お前まさか、この俺様相手に
ヤり逃げとか考えてねぇよな?」

「それは普通、女のセリフでは……」

「関係ねぇよ。責任とれ」

「責任、ですか」

「とりあえず、来週のパーティー
お前は俺のパートナーだ」

「それは無理です!!専務のパートナーを」

「大河原にやらせれば良いだろ」

いや、会社が違う

「副社長、これは仕事です。
私の師はあの西田室長です」

「説得力ねぇな」

「何がですか?」

「だってお前、さっきまで俺の下で」

つくしが投げた枕が顔面にヒットし
司の言葉がそれ以上続く事はなかった。










「は?日帰り?」

「そうですよ、私は日帰りです。
入れ替わりで元々の担当者が来ますから」

支度をしながらつくしが言う

「………」

「副社長?」

つくしが黙り混んだ司を心配すると
仕事用の携帯電話が鳴った

「はい、牧野です。おはようございます」

「……………」

「はい、え?解りました。よろしくお願いいたします」


相手が切るのを待ってからつくしも
通話を切った


「行かなくて良くなりました」

淡々とつくしが言う

「……そうか」

裏で俺が手を回したと気付いているだろうか

「牧野?」

つくしは急ぎどこかに電話をかける

「おはようございます!花沢専務。日頃迷惑をかけられている私からのお願いです」


司はモーニングコールじゃねえかっ!
と言うのも、つくしのセリフで忘れてしまう

相変わらずストレートだな、つか容赦ねえな


「八ツ橋!!はい、中身ありです!!
は?6箱?そんな食べませんよ!!」

「………おい」

「副社長?!副社長は居ないから知りません!!とにかく、朝ごはんしっかり食べて、歯をみがいたら顔を洗って、動揺なんかしてませんっっ!!!」


つくしはゼーハー言いながら電話を切った


「おい」

「仕事行きます」

「ダメだ、お前ら
仲良いじゃねえかよ!!」

「副社長だって滋さんと仲良いくせにっ!!!」

つくしはそう叫ぶと部屋から出ていった

後に残されたのは顔を赤くした司だった


「やきもち………」











道明寺邸に一機のPJが降り立った。


「椿、いよいよね」

「えぇ、お母様」

「「司で暇潰し!!!」」

きゃーっ!!!とはしゃぐ二人を見て

「お二人とも、悪趣味ですよ」

「何よ、タマだって楽しみにしてる癖に」

「奥様、そりゃそうでしょう。りあるらぶろまんすですよ。りあるらぶろまんす」

「お母様もタマさんも何だか肌にツヤが出てるわね」

椿が嬉しそうに言うと二人もニコッと笑う

「パーティーが終わるまでは居るわ」

「旦那様が嘆いてらっしゃいましたよ。
また仲間外れかと」

「良いのよ。あれにはビデオを後で送るから」

「相変わらず容赦ない扱いですね」

「ま、お父様だしね」

「ですね」



後ろを歩く西田は思った

録るのか?!
誰かおかしいと思わないのか?!
司様はともかく牧野さんが可哀想だ

「西田、あなたの言いたい事は解るわ
でも、大丈夫よ。娘になるんだから」

鉄の女と言われる道明寺 楓が、笑った。


「………」



「ねぇねぇ!!お母様、つくしちゃんのお父様にあれやってもらいましょうよ!!丸いテーブルひっくり返すやつ!!」

「椿お嬢様、それはちゃぶ台返しにございます」

「なにそれ!!名前からして面白そうじゃない!!」



西田は眼鏡を外して両手で顔を覆う


「……牧野さん申し訳無い」



司はいいのか

誰も気にかけないのは何故だ

そんな疑問をたくさん残しながら
今日という日が過ぎていった。





━━━━━━━━━━━━















━━━━━━━━━━━━
















にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/14 (Wed) 07:51 | EDIT | REPLY |   

ch(つくしんぼ)  

タイトルなし



ス*****様

意地張りというか頑固というか
中々、うまいこと行きませんが
坊っちゃんの中では恐らくもう恋人同士です笑

楓さんこの事実を知ったら愕然としそうですが
何とか頑張っていただきましょう(///ω///)♪




運命のは完結してます!( 〃▽〃)
powerfulも完結してるんですが……あれはまだ
宿題が……もう誰も覚えてないですかね(^^;

大丈夫ですか?(´;ω;`)
過労で倒れないでくださいね(´;ω;`)

パラレルの方も読者様がゆっくり読めるときに
更新したいなと思うんですが
それって何時だろ状態です(^^;

2018/11/14 (Wed) 20:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment