FC2ブログ

暴君の弱点



私信

な****様

久しぶりに書いてみました( 〃▽〃)
楽しんで頂けたら良いのですが(^^;
いつも温かい言葉ありがとうございます!


み****様

お仕事お疲れ様です!!
マジカルバナナまたやらせてみようかな🤔
今度はF4で笑



H**様

コメントありがとうございます( 〃▽〃)
あのお話はもうちょいキツク成敗しても良かったかなと思います(^^;
私一人だと書けなかったですしね
協力してくださった方に感謝です(´;ω;`)❤️




皆様いつもありがとうございます!
















「却下だ」

「でしたらこちらは」

「無し」

長い列、自分の番が来るのを
まるで死刑宣告されるかのように
青い顔をして待つ大人達

この日の司様

とんでもなく機嫌が悪かった。

愛しのマイスィートハニーつくしちゃんと
連絡が取れないからだ。


時間にして3時間。

我慢の限界だった

「おい、西田。アイツが住んでるアパート壊しとけ」

「畏まりました」

一体何を畏まったのか秘書西田

「婚姻届も書かせろ」

「手配済みです」

「よくやった。」

司はニヤリと笑うと、最後の1人が現れた


「誰の住んでるアパート壊すって?」

ビクッ

女とは思えない低い声で小さく言った後、
司の目の前に書類を置いた女を見る

「お前、何でここに」

「部長に頼まれたからよ。西田さん、少し二人にしてもらえますか?」

「司様、ご武運を」

今二人きりはまずい!!西田行くな!!

「道明寺、あんたはどこまでも懲りない男だよ」

バキバキとつくしの白くて小さい可愛らしい手から音が鳴る


「お、落ち着け?な?」

「天誅!!!!!」

ゴンっっ!!!!








「司様、大丈夫ですか?」

「大丈夫なわけねえだろ!!アイツ!俺のデスクに携帯置いていきやがった!!」

「大丈夫ですよ。先ほどアパートの取り壊しが
完了致しましたから。牧野様の住民票も世田谷のお邸に移し会社の牧野様に関するデータは全て道明寺つくし様に書き換えておきました。」

「まじか、ちなみに戸籍の方は?」

「坊っちゃん、私を誰だと思っているのですか?」

「アンドロイド西田」


「…………。こちらは先日牧野様に
何かあったときの為にとあの手この手で
言いくるめて書いていただいた、婚姻届にございます。今日お二人で出されてください。」

「西田、俺お前好きだわ」

「……それはちょっと」

「何でだよ」









「アタシにはプライバシーもプライベートも無いのね」

「あるに決まってんだろ?」

俺と一緒だけど。365日24時間
0,1秒も離れたくねえ


ただの危ないやつだと言うのは
誰も言わないでおこう。


「じゃあ、帰ったら家が無くなってた
アタシの気持ちがアンタに解る?!」


「西田が……西田がやった!!」


「人のせいにするなあああああっっ!!!!!」



懲りない坊っちゃん

君は一体どうしてか……………


「しょうがねぇだろ!!お前が見えないと不安なんだよ!!」


「そんなに不安ならアタシに首輪つけて柱にでもくくりつけることね!!」


どうよ?!どんだけ怒ってるか伝わった?!


「良いのか?ありがとう牧野、じゃあ」

「………いやいやいや、ごめんなさいいいい」



つくし逃亡




fin

━━━━━━━━━━━━









何がしたかったのかと聞かれたから
コメディが書きたかったとしか
言えない←






にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/27 (Tue) 19:57 | EDIT | REPLY |   

ch(つくしんぼ)  

タイトルなし


n***様

コメントありがとうございます!(///ω///)♪

可愛いですか?( ≧∀≦)
怒られても怒られても、つくしちゃんと居たい
坊っちゃんです笑

あの方は完璧ですよね!!

2018/11/27 (Tue) 20:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment