FC2ブログ

Revival(写真の正体)



ミ***様
ありがとうございます!!
その言葉とても嬉しいです!!(*´∇`*)
これからよろしくお願いいたします!












「それではこちらへどうぞ」

司と無事入籍したつくしはメープルに来ていた

二人の結婚式で着るドレス選びのためだ


なぜ、屋敷じゃなくメープルかと言うと

楓社長と椿御姉さんVS桐生会長と道明寺で
誰のデザインしたドレスをつくしが着るかと
争い始めた事から
邸にドレスが集まりすぎて
つくしがノイローゼ気味になった。


急いで司がメープルのブライダル部門に
専用ドレスルームを作り、邸から移動させた


「つくしちゃんごめんなさいね、一家で舞い上がっちゃって……」

「いえいえ、ありがたいです」

つくしは慌てて顔の前で手を振る

「タマさんと西田も何か用意しようと
したみたいなんだけど、司がもうやめろ!って
止めてたわ。そしたら大ブーイングよ」

つくしは道明寺が一番張り切ってた癖にと
思いながら苦笑いする。

「あ、私これから取引先に挨拶に
行かなきゃならないから……つくしちゃん一人にしてごめんね……あぁ離れたくないーっっ!!」

椿御姉さんはそう言って力一杯
私を抱き締める「死……ぬ………」と呟いていると


「あ、ヤバい!行かなきゃ!じゃあね!」

つくしのおでこにキスして行ってしまった






「どのドレスも本当によくお似合いです」

4人がデザインしてくれた以外にも
有名デザイナー達が我こそはと名乗りを上げて
デザインしたドレスもある。
全てつくしの為だけに作り出されたもの

「奥様はシンデレラバストですから
どんなドレスも着こなせますね」

プランナーさんがそう言って鏡越しに
つくしに笑いかける

「シンデレラバスト?」

「貧乳を最近そう言うらしいわ」

つくしがバッとプランナーを見ると
必死に首を横に振っている

「やほ」

「野上さん……どうして?」

つくしが衣装合わせをしてることは
極秘のはずだ。司すら知らない


「お祖父様に頼んだの。渡したいものも
あったしね」

そう言って実里はつくしに綺麗な紙袋を渡す

「?見て良い?」

「もちろん」

「あ…………」

中にはウェディングベールが入っていた

「夜空がデザインしたの。アタシも手伝ってたら、類さんにバレてそこから結局美作専務の家でみんなで作ったんだ。本当はアタシが渡すべきじゃ無いんだけど……皆さんの心遣いで大役を」

「ありがとう………嬉しい」

「本当はお母さんから貰うのが良いんだろうけど……魔除けと貞操を守り抜いた人ってなると
貴方には必要でしょ?どんなドレスにも似合うとは思うけど…夜空が多分選ぶドレスが決まってるって言ってね」

「さすがだね……解ってたか」

つくしは愛しそうにベールに触れる

「縫い目がちょっと下手な所は
男共だからね!」

「あはは、あの3人が?似合わないよ」

そう言ってつくしの瞳から
ポロっと涙が溢れた


「………ねぇ!お願いがあるの!!!」

突然実里が叫んだ







「まじかお前」

吉川変身セットを持ってきた
篠田と宮本は呆れながらつくしを見る

「ドレスよりしっくり来る」

タキシード姿のつくしが笑うと

「似合う?」と実里が現れ

「女神……」

篠田が思わず呟いた。



フラッシュが焚かれるなか

おばあ様の形見だと言う
思い出のドレスに身を包み、つくし…
嫌、吉川の隣で実里が笑う

「あいつノリノリだな」

「ほっぺにチューしとるぞ」

篠田と宮本は御曹司にバレませんようにと祈る



「あー!!!!!ずるいー!!」

「ちょっと目を離したら!!」

「つくしカッコいい……」

二人はうるさいのが来たなと
ため息をこぼした。




吉川は膝間付いて実里の左手にキスしたり

後ろから抱き締めてみたり

挙げ句の果てにお姫様抱っこして写真を撮った


「それじゃラスト行きます!」

カメラマンの言葉に吉川が実里の耳元で
囁いた。

「類と司に内緒だよ。実里」

そう言って唇に思いっきりキスをした

つくしはもう完全に一人の男に成りきっていた。


そこに、滋、桜子、優紀もウェディングドレスに
着替えて現れる

(つくしのドレスだとバストが皆は入らない為
メープルの最新ドレスを借りた)

「あたし達とも撮って!!!!ずるいよ!」

「実里さんだけ贔屓するんですか?吉川さん」

「もちろん皆平等だよね?吉川くん」


「まじか」

カメラマンが呟いた。


吉川を真ん中に滋、桜子、優紀、実里
笑い合う姿を見ながら篠田が言う


「女だけじゃなく男も敵に回すなアイツ」

「何か発明してやれ身を守る奴」

「怪電波が出るヘッドフォンでも作るか?」

「どこぞの黄色いキャラクターがつけてたな
それ」





つくしは知らない
写真が何のシステムか撮った側から
司のパソコンに送られている事を

今、司が写真を見ながらぶちギレていることを




この夜つくしが自分は女だと気を失う程
再認識させられた事は言うまでもない。








コトンと今日の写真が入った
写真立てを窓際に飾る


「お幸せに」


皆の真ん中で笑う彼女の幸せを
誰よりも願って━━━━━━━




fin

━━━━━━━━━━━








実里が持ってた写真はこれです。

司坊っちゃんにはしっかりバレております笑


当日来たのは司坊っちゃんがデザインした
ドレスという事で(*´∇`*)






にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村















関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/10/25 (Thu) 18:06 | EDIT | REPLY |   

ch(つくしんぼ)  

タイトルなし



ス*****様

スリーさん大正解でした(*´∇`*)❤️

なんなら試着室にすらカメラがあったかも
知れませんね(*´∇`*)つくしちゃん専用の
ドレスルームですから(*≧∀≦*)


一生に一度だからやっぱりそこは坊っちゃんのですよね(*´∇`*)

何なとく黒髪短髪、目元は類くんを意識して
薄茶のカラコン入れてるかなくらいしか
私も想像してないです笑

2018/10/25 (Thu) 18:19 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/10/25 (Thu) 18:23 | EDIT | REPLY |   

ch(つくしんぼ)  

タイトルなし


A****様

旦那だけでも大変なのにって奴ですよね笑

テレビで見たんですよ!(*´∇`*)
最近は可愛い言い方しますよね!!

それだと維持するのが大変ですよね(´;ω;`)

2018/10/25 (Thu) 18:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment